福祉環境サポートチームの「応答願います!」 produced by KANAGAWA ROYAL 

fukukan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 29日

東京都聴覚障害者自立支援センターに訪問しました♪

今日は渋谷にある「東京都聴覚障害者自立支援センター」に訪問しましたっ(*^ワ^*)

東京都聴覚障害者自立支援センター
障がい者の為の施設は日本各地に多く点在しますが、聴覚障害者の為の施設となると、唯一ココだけだそうです。

e0127407_17371543.jpg


渋谷駅から徒歩10分ほど歩いたところにあります。ココが渋谷・・・?と思ってしまうほど、閑静な住宅街のなかにありました。

e0127407_17372929.jpg


岡沢 ひさ さん (享年97歳)

この肖像画を見て下さい。この方は東京の聴覚障害者のために尽力された方です。
実は、「東京都聴覚障害者自立支援センター」はもともと岡沢ひささんが長年住んでいた家がありましたが、かねてより死後は土地を聾者のために役立てたいという遺志により、土地が寄付され今日に至ります。

e0127407_17393285.jpg



寄付あっての施設

この東京都聴覚障害者自立支援センターは国からの補助があって建てられたのではなく、皆さまからの善意の寄付によって建てられたものです。その寄付をいただいた方からのお名前または法人名が壁にぎっしり掘られています。

e0127407_1759585.jpg

e0127407_17591831.jpg



聴覚がい者にとっての大切な設備

聴覚障がい者は情報障害とも言われています。例えば火災があった時、健常者の場合はサイレンなどで知ることができますが、聾者にとってはそれが分かりません。そのため、視覚からの情報が頼りとなります。下の写真は火災や地震などの災害が起きた場合、赤色のサイレンで認識できるようになっています。
e0127407_183165.jpg

e0127407_1819445.jpg


時事ニュース

時事ニュースや天気予報などなど、ホットなニュースがすぐに文字放送にて情報を得ることができます。
e0127407_1845166.jpg


エレベーター
エレベーターの中が見えるように窓が付いています。これは聾者にとって、非常に安心する構造なのです。例えば、エレベーターが止まってしまった場合、外部との連絡が取れなくなってしまいますが、窓があることによって各階どこに止まっても、手話で“会話”することができるのです。聾者にとって優しい構造ですね。

e0127407_1832154.jpg



手話講習の風景
この施設では手話講習が頻繁に行われています。今日は上級者向けの手話講習。お見せすることはできませんが、皆さんかなり表情豊かに手話をされていました。私も見習わなければ・・・ヾ(;´Д`●)ノ
e0127407_18191246.jpg


中継リレーサービス
中継リレーとは聾者にとって非常に便利なサービス!!どんなサービスかというと、“連絡して欲しいところに代理に連絡をしてくれる”というもの。
例えば、健常者の方に連絡したいけど、FAXがなく電話しか方法がない場合。そんな時はこのサービスを利用すると、代理で連絡をし、結果報告をFAXで行うというありがたいサービスです。

e0127407_18192292.jpg



告知(notice)!!!

2007年7月16日(祝)第9回センターまつり が開催されます♪催し物として・・・

☆「障害者権利条約」講演会 DPI日本会議
☆手話落語 焦燥会
☆式典
☆アトラクション
☆東聴連青年部コーナー
☆災害委員会コーナー
☆ミニ手話講座
☆福祉機器展
☆バザー
☆阿波踊り 杉並たつのおとし子連
☆渋谷音頭 渋谷区婦人団体連絡協議会

♪イベント目白押し!!ぜひご参加ください~\(^ω^\)

日時 2007年7月16日 午前10時~4時
              (納涼会は午後2時~7時)
場所 東京聴覚障害者自立支援センター・渋谷リフレッシュ氷川

e0127407_19231620.gif

参加費 500円 (各団体でチケットをお買い求め下さい。当日券は
            主に渋谷区民向けです)
※チケット購入については東京都聴覚障害者自立支援センター TEL03-5464-6058 FAX03-5464-6057までお問い合わせください。






手話で語る戦時体験2007

日時:2007年8月6日(月) 中野区 野方区民ホール
昼の部 午後2時~午後5時 (開場1時30分)
夜の部 午後6時~午後9時 (開場6時00分)

費用:1,500円

※お問い合わせは東京都聴覚障害者自立支援センター TEL03-5464-6058 FAX03-5464-6057にお願いします。




記事に対するお問い合わせなどはこちらへどうぞ!
[PR]

by fukushi-kankyou | 2007-06-29 17:42 | ④じっくりと。聴覚障がい関係


<< 「触る地図」 ~横浜バリアフリ...      Trecuore   トレクォーレ >>