福祉環境サポートチームの「応答願います!」 produced by KANAGAWA ROYAL 

fukukan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 10日

車いすの人が車に乗る方法見たことありますか?

皆さん、こんにちは。
いつもブログを見ていただきまして、ありがとうございます。
暑い日が続きますが、体調には注意してください。

車いすの人が車を運転するのを見たことがありますか?
今日はどうやって車に乗るのかお見せしますよ。

実際に当事者のコメント付で説明していきます。

e0127407_22464536.jpg

まず、、車椅子を出来るだけそばまで寄せるので、ドアは一杯に開ける必要があります。

e0127407_2248420.jpg

頭をつけてお尻を乗せるんですけど、どうしても車と車椅子の間に隙間が出来てしまうので
間にわたしの場合はマクラを置いてます。

e0127407_22491552.jpg

お尻が乗って、とりあえず一安心ですね。
で 年に1~2回は失敗します。車と車椅子の間に落ちたりですね、
行き過ぎてしまって 座席の足元のところに落ちたりします。
皆さんも もし そういうところを見かけて、本人が助けを求めてたら
ぜひ 拾ってあげてください。

e0127407_2249578.jpg

次に足を乗せます。。。
で 体が全部 乗ったら マクラと車椅子のクッションを助手席に載せます。

e0127407_22503241.jpg

次に車椅子を載せます。なぜか 笑顔ですけども 気にしないでください。(笑)
まず車椅子をたたみます。
車椅子は助手席側の後部座席に載せます。

e0127407_2251633.jpg

この体制から、自分の体の上を通して 乗せます。

e0127407_22522780.jpg

結構 力がいるんです。
この車椅子で、だいたい14キロくらいあるので、コツがいりますね。

e0127407_22531269.jpg

で 手を持ち替えるんですけど、
ほとんど、プロレス技でいう、バックドロップですね。

e0127407_22535414.jpg

車椅子を載せて ここでまた 一安心です。
これも 人それぞれ なんですけど 私の場合 車椅子を自分で載せないと、自分で
降ろせないんです 自分のポジションみたいなものがありまして、
位置関係がね すごく微妙なんです。

e0127407_22544869.jpg

これで 乗り込むまでが 完了です、降りるときはこの逆の動作です。
ここからドライビングポジションのセッティングと、
旋回装置の手の固定なんかがありまして、そうですね~
ドアを開けてから、出発するまで、だいたい10~15分くらいかかります。
で 悲しいことに、車で5分のところでも、15分かけて 
乗り込んで 15分かけて降りなければなりません。

あ で これは以前、勤めていた会社での話なんですけど、
あるとき 退社 して車に乗り込んで 車椅子を積んでた時に、
その会社の取引先の営業の方が、たまたま通りがかって、「手伝いますよ」って
言ってくれたんですけど、自分で積まないと 降ろせないのでね、
「大丈夫ですよ、ありがとうございます」って言ったんですけど、
「いいよいいよ、手伝うよ」って 強引に 手伝ってくれたんですね。
そしたら ちょうど あの バックドロップの体勢の時に 顔の上に車椅子を
落とされてしまって、かなり痛い思いをしたんですけど。
私の知り合いで 
同じようなパターンで、胸の上に落とされて、アバラを折ってしまった人もいます。

あの もちろん 手を貸してもらったほうがいい 人もいますのでね、
声をかけて、「手伝ってほしい」という返事が返ってきたら、手を貸してほしいと
思います。


いかがでしたでしょうか?
工夫している様子が伝わってきますね。
障害者用の駐車場スペースが広くできている理由の一つとして
彼のような乗り方をする人が多いというのがあるのです。
障害者用の駐車場がない場所などは2台分を使用して駐車することも
あるんですよ。車いすマークやクローバーマークをつけた車だったら
「2台分の駐車場使いやがって」なんて思わずに懐の深いところを見せていただけるとうれしいです。
クローバーマークは当事者が運転をしていることを示すマークです。
e0127407_2373651.gif


また面白い物をお見せします!
お楽しみに。
[PR]

by fukushi-kankyou | 2007-08-10 07:30 | ③お宅訪問・ピアサポート


<< 神奈川県総合リハビリテーション...      「ウィルチェアーラグビー」って... >>