福祉環境サポートチームの「応答願います!」 produced by KANAGAWA ROYAL 

fukukan.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 01日

◆ 福祉施設近隣で安心 ◆ オランダの集合住宅 ◆

皆さん。こんにちは。

福祉環境サポートセンターの小泉です。
e0127407_1773159.jpg

 今日から、高齢者担当になりました。(正式に)

 そのため今回のブログは外の高齢者住宅を調べてみました。 058.gif058.gif058.gif


◆ 福祉施設近隣で安心 ◆ オランダの集合住宅 ◆056.gif


 オランダ・アムステルダムにある集合住宅では、健康に不安がある高齢者でも安心して生活できる
よう、福祉施設が隣接している 
施設には医師や看護師・介護スタッフがいて、マンションの住民に何かあった場合には、すぐに駆け
付けられるようになっている。
 このマンションは、福祉施設の医療・介護サービスに支えられていることから、【寄りかかり住宅】
呼ばれており、オランダの高齢者向け住宅政策の柱のひとつとなっている。街のあちらこちらにこのよ
うな住宅があります。
 この福祉施設は、認知症の人が暮らす住居などがあり、食事やリハビリなどのサービスが受けられ
る。
 このマンションは、「65歳以上」が入居の条件。住民は基本的には、自立した生活を送っている。
しかし、必要なときには福祉施設の食堂を利用できたり・余暇活動にも参加ができるのである。
 間取は、台所・居間・寝室などがあり十分な広さがあるようです。

◆ ヒルベーサム共同住宅 ◆
 オランダで本格的に建設されたコレクティブ・ハウジングの第一号モデル住宅は賃貸住宅で
4~5戸の住戸をひとつのグループにして、全体50戸から構成されている。住居者は赤ちゃんから
高齢者までバラエティに富んでいる。貸しオフィスや単身の若者が共同で生活するタイプの住戸もある。
各住戸は少し小さめの独立した住戸であるが、5戸の真ん中に共同の食堂兼厨房がある。北欧の
コレクティブ・ハウジングでは食事を共同化することがまず基本にあるが、ここではグループ毎に
どの程度、共同化するのかルールを決めており、毎夕食を当番制で交代に調理し、一緒にとる
グループから、月に数回程度そうするまでさまざまである。
 団地内では共同保育や学童クラブがおこなわれており、団地内の子供は、まるで全員が兄弟姉妹
かのようになっている。
 高齢者だけで生活する高齢者住宅よりも、小さな子供の姿があるほうが良いということで、あえて
ここに住むことを選んだ1人暮らしの高齢者も居るようです。

●○●「高齢者住宅募集センター」:これから、よろしくお願いします。


↓UR賃貸と家賃補助付き住宅のお探しはこちら↓e0127407_1439045.jpg
   
↓車いす対応住宅とブログの入り口はここから↓e0127407_1443031.jpg

※コメント・お問い合わせはこちらへどうぞ(お問い合わせ

クリックにご協力をお願いします!
c0143573_1529910.gif
[PR]

by fukushi-kankyou | 2008-11-01 19:36 | ⑩有料老人ホーム・シニア住宅


<< 今週末の オープンルーム情報      もうすぐオープン >>